Menu

Android Wear 2.0を使ってみましょう

Android Wear 1.5以下からアップグレードすると、いくつかの変更と新機能が加わります。
RunIQのAndroid Wearバージョンの確認方法は以下のとおりです。

「RunIQ – ランニングを開始」が更新

  • マイルやキロメートル、およびラップ通知が大きく表示され、以前のスプリットタイムが含まれます。
  • Google Play Music – iOSユーザーでも利用できるようになりました。

アプリの表示、設定、通知

  • アプリを表示する:RunIQの側面の電源ボタンを押します。
  • 設定を変更する:RunIQ 画面を上から下にスワイプし、設定 Settingsを選択します。
  • 通知を確認する:未読の通知があると、画面下部にドットが表示されます。
    • 通知を表示するときは、画面を下から上にスワイプします。
    • 詳細を確認するときは、その通知をタップします。
  • ホーム画面に移動する:電源ボタンを押します。

Playストアからアプリをダウンロードする

Android Wear 2.0を初めて設定をする場合は、Googleアカウントにログインします。このアカウントを使ってPlayストアからアプリをダウンロードすることになります。

  1. 使用したいGoogleアカウントでRunIQの設定をしておきます。
  2. 電源ボタンを押して、アプリのリストを表示させます。
  3. Playストアをタップします。

Playストアから、RunIQ用のさまざまなアプリをダウンロードできます。アプリの中には、スマートフォン上の同じアプリと連動してより多くの機能を提供できるものもあります。

注記:RunIQを工場出荷時の設定にリセットした場合は、アプリを再度ダウンロードする必要があります。

メッセージを音声または文字で入力する

画面にメッセージを入力する場合は、音声、キーボードまたは手書きで入力することができます。アプリに応じて、以下のオプションが選択できます。

  • 文字入力をする:キーボード キーボード をタップします。
  • 音声入力をする:マイク マイク をタップします。

Google アシスタントに質問する

Google アシスタントに質問すると、RunIQの画面上に回答が表示されます。

  1. 「お話し下さい」という表示が出るまで電源ボタンを長押しします。
  2. 質問します。ニュースからカレンダーの予定まで何でも質問できます。

RunIQのフェイスをカスタマイズする

アプリからの情報が表示されるようにフェイスを変更できます。歩数などの達成状況に関するGoogle Fitからの情報や、未読の通知数などを表示できます。

  1. ホーム画面で画面を長押ししてから、右または左にスワイプしてフェイスを変更します。
  2. コンプリケーションズを長押ししてカラーテーマの調整、コンプリケーションズの変更を行ないます。

フィットネスの記録をつける

注記:心拍数モニター(お使いの端末で利用可能な場合)をはじめとするフィットネスセンサーの用途は、あくまでもレジャー、健康維持、フィットネス用であって、医療用ではありません。

RunIQのGoogle Fitを使用すれば、運動時のペース、距離、消費カロリー、心拍数を記録できます。腕立て伏せや腹筋の回数などの目標の達成状況も記録できます。